実は、地球に山脈のような凹凸がなく、かつ空気が存在しないならば、もっとも効率の良い打ち上げの方法は、真横に向けてロケットを打つことだ。上に向かって昇って行くにあたっては、「重力損失」と呼ばれるエネルギーのロスが発生する。本当は上に昇るのはエネルギー的に損なのだ。しかし実際には空気抵抗が存在するので、一度空気の薄い高空まで昇って行ってから、横方向に加速しているのである。