要約すると次の通り。

企業以外の個人開発者であれば、用途を限らず(有償アプリも可)利用できます。
保有PCが250台以下、または、年間収益が$1,000,000以下の企業であれば、用途を限らず5名まで利用できます。
それ以上の規模の企業においては、(使用人数が5名以下でも)教室での教育、学術研究、OSS開発の用途以外にはお使いいただけません。